ハーブティーの効果・効能生活

ハーブティー(お茶)の種類豊富な薬効は「男性、女性」の美容と健康サポートして「下痢、ダイエット、花粉症、アトピー、貧血、更年期障害、イライラ、風邪(咳)、胃痛」の症状対策に毎日「美味しいハーブティー」を愛飲する人も多く、芸能人も飲用しているようです。

また、妊婦(妊娠中)や授乳期間の母乳促進するマタニティブレンドハーブも存在します。


ハーブティーは種類豊富な薬草

一般的に「カモミール、ローズヒップ、ラベンダー、エキナセア、ルイボス」のイメージを持つ人は多く、またこれらのハーブティーは通販センモンショップなどでも人気を集め、おすすめされています。

しかし、ハーブティーには多くの種類が存在しており、上記の一例と同じくらい薬効に優れて、美味しい風味を放つハーブも存在しています。


女性の身体を優しくサポートするハーブティー

カモミール

カモミールは健胃作用や消化促進作用には、胃腸の調子を整える効果があり、「、吐き気、食べすぎ、ストレス性の下痢」などに役立ちます。 また、ストレスや不安、不眠にも有効で、その他にもホルモンバランスを整える作用が「、生理痛・不順、冷え性」など、ホルモンが影響する症状にも有効です。

ローズヒップ

ローズヒップにはビタミンを多く含有することから「ビタミンの爆弾」とも呼ばれ、特にビタミンCはレモンの20倍含まれます。また、 喫煙者やアルコール依存、ストレス、紫外線」対策に効果的です。「シミ予防(メラニン色素を抑制)、コラーゲン生成、肌の弾力維持、美白」効果も女性に人気です。

エキナセア

エキナセアは古くに北アメリカの先住民が万能薬に利用した「インディアンのハーブ」です。主に虫刺されの手当てに使用されますが、 ハーブティーには、「免疫活性化、免疫賦活、抗菌、抗ウイルス、抗感染症」作用が「風邪、インフルエンザ、下痢、膀胱炎」の感染症予防や治療に有効です。



ラベンダー

ラベンダーティーは、鎮静作用が有名で、「不安、憂うつ、怒り、ストレス」を緩和し心を落ち着かせます。 また、リラックス作用が安眠を導入してストレス症の「偏頭痛・高血圧・神経性不調」にも有効です。 他にも、生理不順や消化不良や腹部の膨張感覚など、消化器系の不調にも効果的です。 

ルイボス

ルイボスは「アトピーや喘息、花粉症」の改善に有効で、近年、若返り効果(エイジングレス)が注目されます。他にも、カルシウムやビタミン類が「胃の不調、下痢、代謝促進作用、冷え性、便秘改善、安眠」にも役立ちます。 さらに妊婦、高齢者、子供も安心して飲める美容と健康ハーブティーです。

ペパーミント

ペパーミントは食事の後に飲むと、消化を促進し、口臭予防にもなります。また、鎮静作用が神経を鎮静して気分を穏やかにするので、リラックスに効果的です。 さらに、「鎮痛・抗菌・抗炎症」作用が、「咳、喉の痛み、感染症、頭痛、生理痛、虫歯、歯痛」などの痛みに対して有効です。 



ハイビスカス

ハーブティーの効能は、利尿作用が高く、「むくみ、二日酔い」にも効果的です。疲労回復効果がある「クエン酸」が豊富に含み、水分補給などに人気で、喉の痛みに対しても有効です。美容面では、ビタミンCが肌荒れにも効果が期待で、緩下作用がある為、便秘の改善にも効果があります。

ローズマリー

古くから若返りのハーブと言われ、 ハーブティーを飲むと、血行をよくする作用があり、心身の活力を高めるのに効果的です。また、疲労回復に役立ちます。 他にも、抗菌作用や消化促進作用が感染症予防に有効です。 さらに、脳を活性化して記憶力や集中力を高める作用もあります。

レモングラス

レモングラスには殺菌作用があり、「発熱、頭痛」などの風邪の初期症状に効果的です。 また、健胃作用が食後のティーとしてオススメされ、「食欲不振、胃もたれ、お腹のガス抜き」などに効果的です。 また、レモンに似たさわやかな香りにはリフレッシュ効果があり、集中力を向上させます。



最新ハーブティーニュース



ハーブティーが与える薬効(効果・効能)

薬草成分を効率的に摂取する方法(飲み方・作り方)がハーブティー(お茶)で、近年「オーガニックハーブティー通販ショップや専門店」でティーパックが購入でき、人間の生活を助ける身近な商品になり、この成分は古くから漢方やフィトテラピーにも利用されています。


美肌~健康までサポートするハーブ

ハーブには美肌成分を種類豊富に包含し、風味や効能は「女性、男性、高齢者」の生活サポートします。

そして現在では、治療に推奨している病院や産婦人科もあるほど、薬効が信頼され、精神療法に「セントジョンズワート」が利用されなど、今では民間療法として認知されるようになりました。


ハーブティーと副作用と安全性

基本的にハーブティー(お茶)はノンカフェインで、「紅茶・コーヒー」と違い飲む時間やカフェインによる副作用(咳、下痢、睡眠障害(イライラ)」に注意する必要はなく、「リンドウ・アンジェリカ・ジャスミン・グローブ・はとむぎ、どくだみ」などのハーブは古くからメディカルハーブとして漢方やサプリメントの成分の一部にも配合されています。

また、現在では「高齢者、男性、子供(赤ちゃん)」に幅広く愛飲されます。


ハーブティーが与える4つの効果と効能とは?

肌への効能

肌トラブルの代名詞と言えば、「大人ニキビ(吹き出物)、シミ、シワ、そばかす、日焼け」などが挙げられますが、これらは女性・男性の美容の永遠のテーマといっても過言ではありません。ハーブティーには「肌を清潔に保つ殺菌作用」や「ホルモンランスを調節して皮脂の分泌量(過剰分泌)をう抑制する効果があります。 また、近年では「生理や下痢、むくみ、便秘」などのお悩みとトラブルを解決にも役立ちます。

心への効能

現代社会で生きる和たちたちにとってストレスフリーで生きることは困難ですが、ストレスを解消することはいくらでも出来ます。ハーブの芳香成分は鎮静作用があり、「心配、不安、緊張、ストレス、イライラ、憂鬱」などの乱れた精神を正常にするリラックス効果があり、これは日本の研究や医学的にも証明れています。 近年では精油(アロマオイル・エッセンシャルオイル)によるアロマテラピーも推奨されています。

運気への効能

ハーブティー通販効果・効能生活
天然石と同じく、気の巡る大自然で育つハーブは運気を変える効能があると言われます。例えば「ジャスミンティー(お茶)」には恋愛運を引き寄せる力があると風水的に言われています。このようにハーブティーには「恋愛運、出会い運」などの人間関係を円滑にしたり、人との出会いを引き寄せる効果があると言われ、恋愛体質の女性には「ジャスミンティー愛飲者」が数多くいるとも言われています。

体への効能

私たちの日常生活は病気といつも隣り合わせていき来ており、いつ重大な病気なってもおかしくはありません。 健康的な生活とは「疾病、傷害」がないだけでなく、肉体的または精神的ならびに社会的に完全に快適な状態であること」が定義されています。ハーブティーには「癌(ガン)予防、便秘、吐き気、胃痛、糖尿病、生活習慣病」などの症状を改善または予防して、私たちの生活を助けます。

ハーブティー療法の種類と薬効一覧

「バレリアン・セントジョンズワート・カモミール・レモンバーム」などの芳香(精油)成分はストレス抑制(リラックス効果)は医学でも推奨されており、「睡眠障害、快眠、うつ(鬱)、自律神経失調症、ヒステリック」の精神治療にも役立っています。

ドライハーブ(乾燥花)はティーパックで販売され、お茶(ティー)として愛飲されます。


ハーブティーは女性の美容もサポート

「ダイエット(肥満予防・体重減少)、肌荒れ(ニキビ、吹き出物、乾燥肌」など女性にとって美肌や体型維持は永遠のテーマです。

しかし、ダイエットも美容も継続が大切ですが、挫折してしまい人や途中で諦めてしまう人も多くいます。

ハーブティーにはそれらをサポートする効能があり、近年では「ダイエット茶・便秘解消茶」などのブレンドティーが販売され、「飲みやすい」や「美味しいくて、毎日簡単に続けられる」と評判です。