「マリーゴールドティー(カレンデュラ茶)」口コミリポート

今回はマリーゴールドティー(カレンデュラ茶)について口コミリポートしてみました。

 

 

 

 

マリーゴールドは体内に溜まった毒素を洗い流して体内浄化し、体の内側からキレイにして肌荒れ(ニキビ、吹き出物)を予防する効果がありますね。

 

 

 

 

 

他にも、「解毒、発汗作用」も持ち合わせ、熱を伴う風邪やインフルエンザなどの「感染症予防」に役立ちます。

 

 

 

 

また、ハーブに含有されるフラボノイドには口臭予防に効果的で、また苦味質の胆汁の分泌をサポートする効果が肝臓の働きを活発にする薬草でもありますね。

 


<写真1>

花のフローラルな香りに、どことなく塩気があるようなスパイシーな香りも感じられますね。

 

 

 

薔薇やジャスミンのような柔らかい花の香りではなく、エキナセアのようなスパイシーな花の香りなので、上品な見た目では想像がつきませんでした。

 

 

 

 

でも、黄色い花びらが上品ですし、なにより高級感があります。

 

 

 

 

また、ホルモン様作用が、「生理(月経)やPMS(生理前症候群・月経前症候群)、更年期障害」の悩みにも有効なので、女性の体に優しいハーブティーとして人気なんだそう。

 

 

 

 


<写真2>

ドライハーブから香ったときと同様で、蒸気も塩気のあるようなスパイシーな花の香りです。

 

 

 

 

ハーブティーは普段から飲みなれない人には馴染みがないので、「マリーゴールドティー」は初心者向けではないかな。

 

 

 

でも、体に溜まった老廃物や毒素の排出(デトックス効果)を促しすことで、新陳代謝を促進してくれます。

 

 

 

 

つまり、内側から美容をサポートしてくれるんですよね。

 

 

 

 

「利尿作用、血液循環」を促してリンパ系統のうっ滞を除去する作用もありますし、「解毒、発汗作用」も持ち合わせるので「熱を伴う風邪やインフルエンザ」に効果的ですね。

 

 

 


<写真3>

ハーブティーはきれいな黄金色で、とっても上品ですし、高級感が感じられる印象です。

 

 

 

ドライハーブのときに放っていた塩気のあるような芳香よりも、優しいフローラルな花の香りになりますね。

 

 

 

 

でも、ハーブティーとして飲用すると、ほのかな渋みとエグみが感じられますし、温度が下がってくるとより強調されていきます。

 

 

 

 

あと、ほんのりとした苦みも。

 

 

 

なので、ブレンドティーとしての飲用がよさそうかな。 

 

 

 


<写真4>

あまり知られていませんが、皮膚の炎症を抑える作用もあるので、抽出液をパックや化粧水にして肌に利用することで、より「ニキビや肌荒れ、アトピー」を改善に。

 

 

 

 

実は、古くにヨーロッパで「虫刺されや火傷(やけど)、肌の炎症」などの、肌に対する治療薬として利用されていたそうですよ。

 

 

 

 

出涸らし(出涸らし)には、このような再利用法もあるんですよね。

 

 

 

なので、ニキビ、吹き出物が気になる箇所に、「ペタペタ」張れば、より美肌サポートアップですね。

 

 

 

 

ただ、キク科アレルギーの人は注意が必要なので、まずパッチテストしてみるのがいいかもしれませんね。

 

 

 


「マリーゴールドティー(カレンデュラ茶)」口コミリポート~まとめ

今回、マリーゴールドティーを口コミリポートさせていただきました。

 

 

 

風味に関しては初心者向きではないかな?

 

 

 

 

なので、「飲みにくい」と思ったらスキンケアとしての利用でもよさそう。

 

 

 

ちなみに、抗炎症作用が、胃の粘膜の炎症を抑えて胃炎や胃潰瘍などを緩和にも役立ちますね。

 

 

 

 

古代エジプトでは、ハーブティーだけでなく、若返りの薬(クスリ)や万能薬としても利用され、花には豊富な薬効成分が含まれると言われていますね。

 

 


コメント: 0

同じ関心がある方はこんなページも読んでいます。


「オーガニックハーブティーによる世界をもっと楽しもう!!」