「ステビア(アマハステビア)」口コミリポート

今回、「ステビア(アマハステビア)」の口コミリポートさせていただきました。

 

 

 

 

ステビアは砂糖の200倍もの甘みを有していると言われており、ブレンドティーなどに利用されます。

 

 

 

 

近頃では、ステビア自体の持つ成分で抗菌作用、また緑茶の約5倍もあるといわれる抗酸化作用が知られるようになりました。

 

 

 

 

では、どんな風味なのでしょうか?


<写真1>

ハーブには、甘みが感じられますが、どことなくハーブの薬のような甘みのある香りです。

 

 

 

 

本来、ステビアはシングルティーとして利用する人は少ないですからね。

 

 

 

 

ちなみに、ステビアには抗酸化作用があり、老化防止効果があるともいわれています。

 

 

 

 

一般的に、ブレンドティーとして利用されていますが、「老化防止効果、糖尿病治療サポート、ダイエットサポート」なども注目されていますね。

 

 

 


<写真2>

では、お湯を注いでみます。

 

 

 

お湯を注ぐと、より「ステビアの葉っぱ特有の薬っぽい甘さとクセ」が広がっていきます。

 

 

 

 

ステビ砂糖の200倍もの甘みがあると言われており、基本的にハーブに甘みを加えたいときに利用されています。

 

 

 

なので、普段はこんなに使用しません。

 

 

 


<写真3>

けっこう少量でしたが、ハーブティーは「とっても甘い味」が口の中で広がりますね。

 

 

 

 

でも、砂糖のような「柔らかい甘み」ではなく、漢方や薬のような癖(くせ)のある甘さです。

 

 

 

 

なので、やっぱりシングルティー向きではないかな?

 

 

 

好みが分かれそうですね。

 

 


「ステビア(アマハステビア)」口コミリポート~まとめ

今回、「ステビア(アマハステビア)」の口コミリポートしてみました。

 

 

 

やはり、シングルティーとして利用するハーブではないかな?

 

 

 

 

けっこう飲みにくかったです。

 

 

 

ちなみに、ヒスタミンの解毒作用によって、アレルギーやアトピー性皮膚炎への応用も研究されています。

 

 

 

 

さらに、高血圧や二日酔い予防、また健胃剤や精神疲労に対する強壮剤として用いられることが多いようです。

 

 

 

 

しかし、一般的に甘みを加える用途で、ブレンドティーとしての利用方法が一番適しているように感じますね。

 

 

 


コメント: 0

同じ関心がある方はこんなページも読んでいます。


「オーガニックハーブティーによる世界をもっと楽しもう!!」