「ヒースティー(エリカ茶)」口コミリポート

今回、「ヒースティー(エリカ茶)」の口コミリポートさせていただきました。

 

 

 

 

ヒースの花弁の部分(エリカ花)には「シミ、ソバカス、日焼け」の原因であるメラニン抑制するアルブチンが豊富に含まれています。

 

 

 

 

 

これが、日焼けやシミやソバカスを改善し、美白効果が期待できる優れたハーブで、メラニンの生成を抑制し肌の白さを守ってくれます。  

 

 

 

 

 

このヒースティーは美容を心がけている人も愛飲され、また手作り化粧水として利用する方もおり、特に紫外線の強い夏場は日焼け対策として愛飲している女性が増えています。

 

 

 

では、どんな風味なのでしょうか?


<写真1>

ドライハーブの香りは、よく「梅」のような香りと表現されています。

 

 

 

でも、個人的には「梅」のようなフルーティーな香りではなく、「梅干し」のような酸っぱさを感じる香りかな。

 

 

 

 

ハーブティーには「抗菌作用、殺菌作用、利尿作用」があり、膀胱炎や尿道炎などの泌尿器系の感染症やトラブル症状を緩和します。

 

 

 

 

近年では、「結石の予防」にも効果的と報告されています。

 

 

 

 

ヒース(エリカ花)にはミネラルも豊富に含まれ、成分を抽出したハーブティーには「抗菌作用、殺菌作用、利尿作用(デトックス効果・むくみ解消)」があります。

 

 

 


<写真2>

お湯を注ぐと、キレイなピンクの花が舞っていくのが、とってもオシャレな気分してくれます。

 

 

 

 

広がっていく蒸気は「梅干し」に似ているツンとしたような香りですね。

 

 

 

花が固いので、成分が抽出しにくいですね。

 

 

 

 

ヒースの花に豊富に含まれる有効成分(アルブチン)には、シミやそばかすの原因となるメラニンの生成を阻害します。

 

 

 

 

また、紫外線による肌トラブルを予防する美肌効果があることが女性に人気を集めている理由の一つです。

 

 

 

近年では、パックやローションにも利用されています。

 

 

 


<写真3>

ハーブティーは、ちょっぴりツンとするような香りがあり「梅干し」を薄くしたような印象です。

 

 

 

でも、味に関しては「無味」ですね。

 

 

 

 

特に、味に関しては「白湯」を飲んでいるのと変わらないくらいです。

 

 

 

ヒースの花にはミネラルが豊富に含まれ、利尿作用や殺菌作用があることから、泌尿器系の感染症の治療にも使用されています。

 

 

 

 

また尿酸の排出を促して、「痛風やリウマチ」にも効果的です。

 

 

 

 

近年では、腎臓機能不全の改善やサポートにも有効であるといわれ、尿路結石の予防にも利用されます。

 

 

 


<写真4>

ヒースには「アルブチン」が含まれているので、手作りオーガニック化粧下地にもできますね。

 

 

 

 

ちなみに、アルブチンは「シミ、ソバカス」の原因ともいわれているメラニンの生成を抑制する効果があります。

 

 

 

 

化粧水にすることで、ハーブティーで内側から、化粧水で外側からのダブルで美白作用が期待でき、日焼け予防効果があります。

 

 

 

 

紫外線が強い夏場などにヒースティー(エリカ茶)手作り化粧水を生成して日焼けを防ぎましょう。

 

 

 

 

最近では、ヒースの有効成分を用いた「化粧水」も市販で販売されています。

 

 

 

そして、美白(美肌)効果だけでなく、肌荒れ改善や肌の弾力サポートにも効果を発揮してくれます。

 

 

 


「ヒースティー(エリカ茶)」口コミリポート~まとめ

今回、「ヒースティー(エリカ茶)」の口コミリポートさせていただきました。

 

 

 

風味は「梅干し」のような酸っぱい香りですが、味に関しては無味ですね。

 

 

 

 

花弁にはミネラルが豊富に含まれており、ハーブティーには抗菌作用や利尿作用があります。

 

 

 

そのため、膀胱炎や尿道炎のような「泌尿器系の感染症」や「泌尿器系トラブル」を緩和し、 さらに結石の生成を予防できると医学的にも報告されています。

 

 

 

 

 

他にも、ノルウェーで行われたラジオ番組の企画で投票により、このヒース(エリカ)花が国花として選ばれています。


コメント: 0

同じ関心がある方はこんなページも読んでいます。


「オーガニックハーブティーによる世界をもっと楽しもう!!」