おいしい(美味しい)ハーブティーの入れ方

おいしいハーブティーの作り方として適度な抽出時間などの、適切なハーブティーの入れ方が存在します。

 

 

 

例えばカモミールティーは、あまり抽出時間を長くとってしまうと渋みが出てしまうため、好みにもよりますが、5分程度が適切だと言われています。

 

 

 

カモミールティーに限らず、ラズベリーリーフティーやペパーミントティーも同様で、成分を抽出しすぎると渋みが出て飲みにくいと感じる方もいます。

 

 

 

おいしいハーブティーの作り方として抽出時間は長くとりすぎてしまうと、ハーブ特有の臭みや苦みも抽出されてしまうので、適度な時間を知るべきでしょう。

 

 


手順その①:ポットをお湯で室温程度にする

 ハーブティーの作り方は人それぞれで、このページで紹介されている入れ方はあくまでも目安にすぎません。

 

 

 

 

 

味の濃さや風味の強さは人それぞれ、好みがあり、自分がおいしいと思える美味しいハーティーの入れ方を見つけるのが一番大切です。

 

 

 

まず一つ目の適切なおいしいハーブティーの作り方として、ポットをお湯で温めておき、ヤカンや鍋などにお水を入れて沸騰させます。

 

 


沸騰したお湯をポットに注ぎしばらく放置したあと、室温程度にまで冷めたらポットの中のお湯を捨てます。

 

 

 

手順その②:目当てのハーブを入れる

2つ目の適切なおいしいハーブティーの入れ方として、ティーカップ(150ml程度)1杯に対してティースプーン1杯~2杯を目安、マグカップ(300ml程度)なら山盛り2.5杯程度をドライハーブをポットに入れます。

 

 


ハーブの分量は上記を目安にお湯の量で微調整してください。

 

 

 

また味は好みで入れる量を増やしたり減らしたりしてハーブティーの味の濃さを変えても楽しめます。

 

 

 

しかし、この入れ方はあくまでも目安となる入れ方なので、ハーブの風味を濃い目に抽出したい時などを、自分好みの入れ方でも楽む方が良いでしょう。

 

 

 

ちなみにフレッシュハーブはドライハーブと違い水分を含んでいるので、ドライハーブで入れる2倍の分量のハーブと2倍の抽出時間を要します。

 

 

 

手順その③:お湯を注ぎハーブを蒸らす

3つ目の適切なおいしいハーブティーの作り方として、沸騰したお湯をティーポットに注ぎます。

 

 

 

できるだけお湯の温度は高め(95~90度くらい)がハーブの成分を1番抽出できる入れ方だと専門家に言われていますが、煮立たせてはいけません。

 

 

 

ハーブを煮立たせることで、香り成分が飛んでいってしまいますので、ヤカンなどで沸騰させたお湯を使うとよいでしょう。

 

 


お湯を注いだあとは、ハーブの香りを逃さないように手早く蓋をして4分~5分蒸らします。

 

 

 

 

ちなみにこの蒸らす時間によってハーブに含まれている香り成分や味、有効成分などが抽出され方が違いますので、ハーブにようって違った入れ方があります。

 

 

 


例えば、先程登場した、カモミールティーやペパーミントティー、ラズベリーリーフティーなどは軟らかいハーブなので、成分を抽出やすいです。

 

 

 

 

しかし、ローズヒップなどの堅い部分が多く成分を抽出しずらいハーブティーの作り方として、4~7分くらいに蒸らし、しっかり成分を抽出する入れ方がオススメです。

 

 

 

 

ただ、ハーブを長時間蒸らし過ぎてしまうと、カモミールティーやペパーミントティー、ラズベリーリーフティーと同じようにえぐみや苦みなどが出てしまい飲みづらくなる場合もあるので注意が必要です。

 

 

 

手順その④:成分を抽出したハーブティーを注ぐ

4つ目のおいしいハーブティーの入れ方として、ティーポットのお湯を揺らし、お茶の成分濃度を統一したら、茶漉しを使ってティーカップにハーブティーを注いでいきます。

 

 

 

ハーブは小さい茶葉も含まれますので目の細かい茶漉しを使うとほぼ液体だけ抽出できるのでおすすめです。

 

 

 

 

まずは、ハーブ香りを楽しんでください。 

 

 

 

 

ハーブの香りは精神を落ち着かせリラックスさせ、また、甘いハーブティーが飲みたい方はハチミツや砂糖などでハーブティーに甘みを加えることでもより美味しくいただけます。


同じ関心がある方はこんなページも読んでいます。