ハーブティーのメディカル医療と歴史とは?

メディカルハーブティー治療(療法)と歴史とは?

今でこそ、美容などでハーブティーは認知されています。

 

 

 

そして、ハーブには時代や環境に合わせ、様々な方法で私たちの生活をサポートしてきました。

 

 

 

実は、ハーブの歴史は非常に古く、ずっと昔から私たちの健康的な生活に取り入れられてきました。

 

 

では、ハーブティーには具体的にどのような歴史的な背景があるのでしょうか?


ハーブティーは私たちの生活の一部?

ハーブティーは生活の一部として利用されている?

例えば、カモミールティーは古くからヨーロッパで「子供の風邪予防」として愛飲され、今でも日常的に常飲している人は多くいます。

 

 

 

そして、ハイビスカスティーは古くにクレオパトラが美貌を保つために、飲用していたと言われています。

 

 

 

これは一部ですが、このように長きに渡り、種類豊富なハーブは歴史の軌跡の中で、利用されてきました。

ハーブティーは紀元前の歴史で療法に利用されていた?

ハーブティーは紀元前の歴史で療法に利用されていた

「人とハーブの薬」の歴史は、はるか昔の紀元前にまでさかのぼります。

 

 

 

すでに、紀元前3000年前のエジプトやメソポタミアの時代に、没薬(ミルラ)や乳香(フランキンセンス)といったハーブが利用されていました。

 

 

さらに、「アロエやジュニパー、ガーリック」などの私たちが、普段から使用しているハーブを原料とした薬があります。

 

 

これは、紀元前1700年頃の古代エジプト時代の歴史で使用されていたと言われます。


時代の流れと共に、発展するハーブの歴史とは?

時代の流れと共に、発展するハーブの歴史とは?

私たち人間は、自ら住む土地に自生するハーブの原料を薬として生活の中で取り入れて生きてきた歴史があります。

 

 

 

世界各地で利用されてきたその土地のハーブを原料とした薬が文化になりました、

 

 

 

そして、「ハーブティー療法」や「ハーブティーテラピー」などに発展し、現代に至るまで脈々と受け継がれてきました。

日本で利用されるハーブ療法とは?

日本で利用されるハーブ療法とは?

日本も同じで、例えば「冬至に柚子風呂に入る」、「端午の節句に菖蒲湯に入る」などの風習があります。

 

 

これもハーブの原料を薬として取り入れた文化を受け継いる事から発展しています。

 

 

 

私たちの日常によく取り入れられている「紫蘇、生姜、山葵」などは、和のキッチンハーブティーとして古い歴史の中で利用されます。

 

 

 

また緑茶(グリーンハーブティー)も、れっきとしたハーブティーと言えます。


東西で発展した、新たなハーブティー治療とは?

東西で発展した、新たなハーブティー治療とは?

10世紀になると、歴史に変化が訪れ、ハーブの薬によるハーブ治療は大きな進歩を迎えます。

 

 

ハーブの薬に関する知識はヨーロッパから中東に伝えられました。

 

 

そして、ペルシャの医師がハーブの精油成分には人に脳や神経に作用することができます。

 

 

また、植物から精油(芳香成分、エッセンシャルオイル)を抽出する蒸留方法を発明しました。

ハーブに含まれる芳香成分のアロマテラピー効果とは?

ハーブに含まれる芳香成分のアロマテラピー効果とは?

みなさんが普段利用されている「ハーブティーテラピー治療」や「アロマテラピー治療(芳香治療)」があります。

 

 

 

これは、ペルシャの医師がハーブの治療は体の健康サポートだけでなく、脳や精神にも有効だと証明したことで、発展した歴史があります。

 

 

 

このようにハーブの薬による治療は、さまざま用途に対応すると言われ、長い歴史の中で医学の中心としての生活に取り入れられました。

現代のハーブティー治療のあり方とは?

現代のハーブティー治療のあり方とは?

近代の20世紀になると、近代医学や医薬品に対する考え方が見直され、医薬品による副作用が懸念されます。

 

 

 

また、病名が付けられていない体調不良など、近代医学の治療ではまったく改善することができない疾患を意識され始めました。

 

 

 

 

これによって、ハーブを原料とした薬による治療も現代医療に取り入れられるようになりました。


現代社会における重大な問題とは?

現代社会における重大な問題とは?

現代社会におけるストレスや生活習慣病となる原因の予防が非常に重要だと考えられています。

 

 

 

また、病気にかかる前に病気を予防することを医学の観点からも重要性が懸念されてました。

 

 

 

そして、ハーブの薬による治療が、その役割をになうとして見直され始めました。

現代社会の問題を解決するカギとは?

現代社会の問題を解決するカギとは?

現在は、近代医学とハーブ治療のどちらも重要だと考えられています。

 

 

そして、ハーブの芳香成分が治療に取り入れられるようになり、医薬品などによる治療が主流と考えられています。

 

 

また同時に、心と体全体を支えバランスを整えるハーブティーと現代医療どちらも利用します。

 

 

これにより健康的なライフスタイルが送れると専門家に推奨されています。



同じ関心がある方はこんなページも読んでいます。