「バタフライピーティー(アンチャン茶)と入浴」口コミリポート

こんにちは。

 

 

 

先日、バタフライピーティー(アンチャン茶)を50gほど、ハーブティー友達に頂いたので、さっそく体験リポートしたいと思います。

 

 

 

 

ちなみに、今回実践するのは「バタフライピーティー(アンチャン茶)」と「出涸らしを利用したお風呂です。

 

 

さて、どうなるのでしょうか?


<写真1>

こちらが例の「バタフライピーティー(アンチャン茶)」です。

 

 

 

 

日本では、あまり認知されていませんが、タイでは老化防止効果が期待できる美容茶として人気みたいですね。

 

 

 

 

でも、先日TV番組「ノンストップ」で紹介されていましたね。

 

 

 

 

アントシアニンが豊富に含まれているので、「眼精疲労」や「アンチエイジング効果」が期待できるとのことです。

 

 

 

 

マメ科のハーブなので、香りもちょっとマメっぽいかな?

 

 

 


<写真2>

ハーブティーとして利用するだけなら、花を2,3個でも十分色は楽しめますね。

 

 

 

 

バタフライピーティー(アンチャン茶)の青い花こそが、「ブルーベリーでおなじみのアントシアニン」なんですよね。

 

 

 

 

今回は出涸らしも利用するので、色が出てきたらお風呂に移します。

 

 

 

<写真2>はいつも利用しているティーパックです。

 

 

 

 

これならハーブティーに利用して、ごみ箱に捨てられるので、楽ちん。

 

 

 


<写真3>

ハーブティー完成。

 

 

 

オーシャンブルーのような色のハーブティー!!!

 

 

 

見ているだけで、オシャレな気分にさせてくれます。

 

 

 

お風呂で楽しみながら飲みたいと思います。

 

 

 

 

味は「お米の出がらしを飲んでいるような印象で、美味しいとはいえないかな。」

 

 

 

TV番組では「美味しい」って言ってたのに・・・・・・・

 

 

 

 

あくまでも、雰囲気で楽しむ感じかな?

 

 


<写真4>

レモン汁を加えるとピンク色に!!

 

 

 

とっても、きれいなハーブティーです。

 

 

 

 

でも、レモン汁を40滴くらい大量に加えました。

 

 

 

 

この時点では、もう「バタフライピーティー(アンチャン茶)」の味はしないですね。

 

 

 

 

薄いレモン汁の味になっています。

 

 

 


<写真5>

ハーブティーは作れたので、次は「お風呂」ですね。

 

 

 

ちなみに、ですがハーブティーとして利用する際は、花を2個くらいで十分です。

 

 

 

お風呂に入れて楽しみたいときは、もうちょっと必要かな。

 

 

 

では、出涸らしをお風呂に。

 

 

 

花が青いので、まだまだ色が出そうですね。

 

 

 

 


<写真6>

そして、お風呂はこんな感じになりました。

 

 

 

ハーブティーと同様でエメラルドブルーのような色に。

 

 

 

 

キレイな海にいるようなオシャレな感覚で楽しめます。

 

 

 

 

豊富に含有されるアントシアンがお肌のシワやタルミにも良さそうですし、継続すれば「ハリのあるお肌になりそうです。

 

 

 

ちょっとトロミがあるので、肌が保湿されてくれているような感覚も!

 

 

 


バタフライピーティー(アンチャン茶)」体験リポートの総評とは

今回、バタフライピーティー(アンチャン茶)と出涸らしを再利用してみました。

 

 

 

まず、風味に関しては「雰囲気で楽しむハーブティーかな?」

 

 

 

 

あまり、美味しとは言えませんね。

 

 

 

いつもと違った気分で、お風呂で楽しみたいときに利用していきたいと思います。

 

 

 

 

アントシアンが肌(皮膚)に浸透するので美容効果もありそうですし、オシャレな気分を楽しみながらエステにいるよう。

 

 

 

 

実は、グリーンルイボスティーを注文したので、届きしだい体験リポートしたいと思います。

 

 

 

ちなみに、グリーンルイボスティーもお風呂に利用すれば「アトピー性皮膚炎改善」などに役立つみたいですね。

 

 

 

ぜひ、挑戦してみたいです。

 

 


コメント: 0

同じ関心がある方はこんなページも読んでいます。


「オーガニックハーブティーによる世界をもっと楽しもう!!」