ハーブティーは妊婦(妊娠中)も安全

一般的にハーブはノンカフェインで、カフェインによる副作用なく、安心して飲用できます。

 

 

 

また、近年ではハーブティーは妊婦にも愛飲されており、中でも有名なのが「ラズベリーリーフティー」です。

 

 

これは古くから「安産のハーブティー」とも呼ばれるほど、妊婦のサポートに役立ちます。

 

 

 

とくに妊娠後期に「ラズベリーリーフティー」を飲用することで、お産が軽くなると言われています。

 


ハーブティーだからと言って、すべて安心ではない!?

ハーブティーは妊婦が安心して飲める数少ない飲料として認知され、また、出産後の母乳を出しやすくする効果もあります。

 

 

ですが、すべて安全という訳ではなく、そこは勘違いしてはいけません。

 

 

中には妊婦さんの妊娠期間によっては注意して飲む必要があるハーブも存在します。

 

 

妊婦(妊娠中)はハーブティーの作用によっては子宮を刺激したりする効果・効能があったりします。

ハーブティーにはカフェインが含まれているモノも!?

ハーブティーには基本的にカフェインが含まれておらず、妊婦(妊娠中)でも安心して飲む事ができます。

 

 

 

中にはジャスミン茶や緑茶、紅茶などの微量なカフェインが含まれているものもあります。

 

 

 

カフェインは脳の覚醒作用がり、良く就寝前にに「コーヒーを飲むと眠れなくなる」と言われたことありませんか?

妊娠中はカフェインに注意するべき!?

カフェインには一般的に眠気を覚ましたり、頭をすっきりさせたります。

 

また、利尿作用によってむくみを解消したり出来るので多くの医薬品に多用されている成分の一つです。

 

 

しかし、妊婦(妊娠中)はお腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性はゼロではないので、できるだけ摂取を控えましょう。

 

さらに、医療品に使われているからといって必ずしもカフェインが安全というわけではありません。

 

 

カフェインには「睡眠障害、吐き気、めまい、下痢」などの副作用の報告もあり、尚更、妊婦の方は注意すべきでしょう。


妊婦(妊娠中)にハーブティーがおすすめの理由

妊婦さんのようにカフェインの摂取を控えたほうがよい方にはカフェインが入っていないハーブティーがオススメています。

 

 

 

ハーブティーは妊婦さんだけでなく、妊活にも利用できますが、何杯も飲んでいいと言う訳ではありません。

 

 

 

やはり、飲むハーブによっては刺激を与えるものも有りますので、妊婦(妊娠中)は注意しながら飲用しなければなりません。


同じ関心がある方はこんなページも読んでいます。