「ハイビスカスティー(ローゼル茶)」口コミリポート

今回、「ハイビスカスティー(ローゼル茶)」の口コミリポートをさせていただきました。

 

 

 

ハイビスカス(ローゼル)はクエン酸をはじめとする「リンゴ酸、ハイビスカス酸、ヒビスシン、粘液質、ペクチン、鉄」などの有効成分を豊富に含有します。

 

 

 

 

また、近年では、ローズヒップのブレンドは妊婦(妊娠中)におすすめです。

 

 

 

 

では、どんな風味なのでしょうか?


<写真1>

ドライハーブからは、どことなくベリー系の香りと、フローラルな花の香りが楽します。

 

 

しかし、ハーブの香りだけでも強烈な酸味が伝わってきます。

 

 

体内に残る疲労は、乳酸はブドウ糖やグリコーゲンをエネルギー源としています。

 

 

 

 

そして、運動で体内に蓄積された「燃えカス」のような物質で、蓄積された乳酸は不要になります。

 

 

 

しかし、ハイビスカス(ローゼル)に含まれる「クエン酸、リンゴ酸」は疲労物質である乳酸を分解し、運動後の疲労を回復させる効果があります。

 

 

 


<写真2>

お湯を注ぐと、酸味のある花のような香りが、蒸気とともに広がってきました。

 

 

 

 

ローズのような柔らかい印象の花の香りではなく、酸味があることでツンとするような花の香りですね・・・・

 

 

 

 

ハイビスカス(ローゼル)はクエン酸、ハイビスカス酸を多く含み、これは溜まった「むくみ解消」や「疲労回復効果」がありますね。

 

 

 

 

ハイビスカスに豊富に含まれるビタミンCには、「シミ、クスミ、ソバカス」などの原因であるメラニンの生成を抑制する働きがあります。

 

 

 

これが、肌を本来の白い色に戻してくれます。

 

 

 


<写真3>

ハーブティーとして、飲用するとフローラルな花の香りの中に、強烈な酸味が!!!

 

 

 

なので、酸味が苦手な人は受け付けないですね。

 

 

 

 

ローズヒップティーよりも強力な酸味があり、ハーブティーの中で一番といってもいいほどです。

 

 

 

ちなみに、含有成分であるビタミンCとクエン酸の相乗効果で美肌効果が期待でき、ニキビや肌荒れを改善してくれます。

 

 

 

 

また、ローズヒップとハイビスカスティーをブレンドすることで、より美容や疲労回復により効果的です。

 

 

 

 

他にも、メラニン色素を抑制して美肌へのアプローチが期待で、美肌を目指す方は言うまでもなく取り入れたい成分です。

 

 

 


「ハイビスカスティー(ローゼル茶)」口コミリポート~まとめ

今回、「ハイビスカスティー(ローゼル茶)」の口コミリポートをさせていただきました。

 

 

非常に酸味が強いハーブティーなので、好みが分かれそうかな。

 

 

飲みやすい味ではないですね。

 

 

ちなみに、ハイビスカスの有効成分である「クエン酸」には、血液中の脂質を分解する働きもあります。

 

 

そして、頭皮の毛細血管に栄養を行き渡らせやすくすることで、薄毛、抜け毛対策のサポートにも役立ちます。

 

 

 

近年では、ブレンドティーとして人気があるようですね。

 


コメント: 1
  • #1

    yuka (木曜日, 01 12月 2016 17:55)

    ハイビスカスティーは疲労回復に効果的なんですよね~

    でも、酸味がどうも受け付けないので私は好みではないかな。


同じ関心がある方はこんなページも読んでいます。


「オーガニックハーブティーによる世界をもっと楽しもう!!」