病気を改善するハーブティーの飲み方とは?

ハーブティーの飲み方は豊富に存在しており、

 

 

・「体質改善(お悩み解消)を目的としたハーブティー飲み方」

 

・「ハーブの香り(芳香成分)を楽しむためのハーブティー飲み方」

 

・「不眠症の改善やリラックス効果を目的とするハーブティー飲み方」

 

 

などハーブティーの愛飲理由は人それぞれです。


ハーブティーを飲用する用途とは?

ハーブティーを飲用する用途とは?

例えばカモミールティーやペパーミントティーで、リラックス効果を期待する人もいれば、美容目的で飲用する人もいます。

 

 

 

また、「ドライハーブやフレッシュハーブなど、使用するハーブの材料も人それぞれです。

 

 

 

下記では、そんな多種多様に楽しみ方が存在するハーブティーの飲み方や入れ方を紹介したいと思います。

1回分のハーブにハーブティー2~3杯の飲み方が理想

1回分のハーブにハーブティー2~3杯の飲み方が理想

1回分のハーブに対し、1杯だけのハーブティーといの飲み方は非常にもったいないです。

 

 

 

なぜなら、ハーブは2~3杯分までしっかりと成分を抽出することが出来ます。

 

 

抽出時間は異なりますが、しっかりとハーブ(茶葉)をお湯につけることで成分も抽出できます。

 

 

 

また、抽出時間をよって、抽出できる含有成分も違ってきます。


1杯目:

ハーブティーの入れ方は濃いめでお楽しめるので、抽出時間は3分で十分です。

2杯目:

抽出時間は3分程度で、十分ですが1杯目とは違う成分を抽出するハーブティーの入れ方が楽しめます。

3杯目:

お湯を注いで、しばらく放置して冷やして水代わりに飲用するというハーブティーの入れ方があり、一回分の(ハーブ)茶葉に対し、約2~3杯分のハーブティーを堪能する飲み方ができます。

体質改善したい方は1日2~3回分飲用使用

体質改善したい方は1日2~3回分飲用使用

ハーブティーで体質改善も期待できます。

 

 

例えば、不眠症でお悩みの方はカモミールティーを愛飲し、美容トラブルにお悩みの方はローズヒップティーを日頃から愛飲しています。

 

 

 

一般的に体質改善を目的とした飲み方は1日に約500ml(コップ2杯~3杯)が目安と言われています。

 

 

 

なので、2~3回分の茶葉をお茶パックに入れ、まとめて作ることが効率的なのではないでしょか?


頭痛持ちの方はその都度ハーブティーを飲用しましょう

頭痛持ちの方はその都度ハーブティーを飲用しましょう

ハーブティーを普段から、お茶や水道水などの代わりとする飲む方法もできます。

 

 

 

また、痛みや花粉症などのアレルギー症状が出たときは、その都度に飲用することで症状を緩和するハーブティーの飲み方もあります。

 

 

 

中には、即効性が期待できるハーブもあり、頭痛持ちの方や花粉症の症状を自覚されている方は、薬代わりにハーブティーを飲用すると効果的です。

ハーブティーに不慣れな人は飲み方を変えましょう。

ハーブティーに不慣れな人は飲み方を変えましょう。

ハーブティーに飲みなれていない人は、分量や抽出時間を加減したハーブティーの作り方がオススメです。

 

 

 

上記で少し登場しましたが、カモミールティーやラズベリーリーフティーは抽出時間を取り過ぎてしまうと、ハーブ独特の渋みが出てしまうので、5分程度がおすすめされています。

 

 

 

しかし、渋みを好まれる人もいるので、自分に合った抽出時間を見つけるのも、楽しみの一つです。


ハーブティーは継続的な飲用が大切!?

ハーブティーは継続的な飲用が大切!?

基本的にハーブによる美容効果も継続しないと意味がありません。

 

 

 

ハーブティー飲み方として日頃から、最低1杯~3杯程度の常飲を習慣にしなければなりません。

 

 

 

初めての方は、いきなり濃いめで成分を抽出するよりも、まずは味に慣れてから、少しずつ分量や抽出時間を調節していくというハーブティーの作り方が良いでしょう。

薬効の即効性を求めた飲み方とは?

薬効の即効性を求めた飲み方とは?

ハーブティーを飲んで即効性を期待できる飲み方として、濃いめに成分を抽出するという方法があります。

 

 

 

しかし、これはあくまでも風邪やインフルエンザ、頭痛などの急性の症状を緩和するときなどがオススメされています。

 

 

 

 

体質をアレルギー症状などの体質改善したい方は日頃から愛飲しましょう。


ブレンドハーブティーでお悩み解決

ブレンドハーブティーでお悩み解決

例えば、「頭痛持ちで便見気味な方」や「ニキビなどによる肌荒れと頭痛にお悩みの方」など複数の症状にお悩みの人がいます。

 

 

 

ハーブには薬効があり、症状によって処方されるハーブも異なり、目的とする飲み方も変わります。

 

 

 

複数の症状でお悩みには、ブレンドして愛飲すると良いでしょう。

 

 

 

特に美容や健康を心がけている人なら、ハーブティーをブレンドで楽しむことで、より効果を期待出来ます。


同じ関心がある方はこんなページも読んでいます。