「ローズヒップティー(ドッグローズ茶)」口コミリポート

今回、「ローズヒップティー(ドッグローズ茶)」の口コミリポートさせていただきました。

 

 

 

 

ローズヒップは「ビタミンの爆弾」と呼ばれるほど、豊富にビタミンCを含み(レモンの20倍~50倍)ます。

 

 

 

 

他にも、「ビタミンB群、ビタミンE、ビタミンP、リコピン、鉄分、カルシウム、βカロチン」なども豊富に含みます。

 

 

 

そして、現在では妊婦さんにも愛飲されていますね。 

 

 

では、どんな風味なのでしょうか?


<写真1>

ほんのりと酸味のあるようなベリー系の風味を感じることができますね。

 

 

 

 

でも、ブルーベリーやクランベリーのような「甘いベリー」の香りではなく、酸味と塩気のあるようなベリーの香りです。

 

 

 

 

なので、フルーティーという表現ではないかな。

 

 

 

 

有効成分「ビタミンC」には、紫外線が肌に当たることが原因とされる活性酸素を除去し、肌の老化を防ぎます。

 

 

 

 

また、ニキビを予防し、他にも丈夫な皮膚や血管を骨格の形成に役立ちます。

 

 

  


<写真2>

お湯を注ぐと、ほんのりと酸味のあるような香りがフワっと広がっています。

 

 

 

しかし、基本的には「無臭」かな?

 

 

 

ローズヒップティーはハーブとちがい「実」なので、抽出時間を長めにとるのがコツですね。

 

 

 

 

ちなみに、有効成分「ビタミンCとリコピン」はシミ、ソバカス、日焼けの原因になるメラニンの生成を抑制します。

 

 

 

 

また、「喫煙者(愛煙家)、アルコール依存症、ストレス蓄積」の対策にも推奨され、習慣性のビタミンC過剰消費量も抑制します。

 

 

 

 

他にも、コラーゲンの生成サポートし美肌やアンチエイジングに効果を発揮し、「ビタミンE」が肌の新陳代謝を促進します。

 

 

 


<写真3>

ローズヒップティーは、オーガニック化粧水としても利用している人もいますね。

 

 

余ったローズヒップは化粧下地に利用してもよさそうかな?

 

 

 

 

実は、ローズヒップティーには「美白作用のビタミンC」と「肌の組織の再生をサポートするビタミンE」が豊富に含まれています。

 

 

 

なので、外用として利用すれば、美肌効果がアップです。

 

 

 

でも、冷蔵保存するのと、1週間ぐらいで、水が腐ってしまうので保存は難しいです。

 

 

 


<写真4>

ハーブティーとして飲用すると「薄くて甘いトマトジュース」のような風味ですね。

 

 

 

けっこう好みが分かれそうですね。

 

 

 

ローズヒップティーが蜂蜜(ハチミツ)を加えると美味しく飲んでいる人もいます。

 

 

 

でも、私はそれでも美味しいと感じたことはないですね。

 

 

 

 

個人的な感想ですが、「クエン酸(1g~5g程度)」と「蜂蜜(ハチミツ)」を加えると美味しく飲めます。

 

 

 

 

クエン酸はビタミンCをサポートする効果がありますから、相乗効果がありますしね。

 

 

 


<写真5>

出涸らしを皮膚(肌)に利用してもよさそうかな。

 

 

 

かなりトロミがあるので、肌に「ピタ」っとしっかりと吸着してくれますね。

 

 

 

 

でも、出涸らしの後処理が面倒くさいというデメリットもありますね。

 

 

 

ティーパックがあれば、それを使用するといいかもですね。

 

 

 

 

「しわ、シミ、くすみ、たるみ、開いた毛穴、日焼け(色黒)、地黒、老化肌」に効果的です。

 

 

 


「ローズヒップティー(ドッグローズ茶)」口コミリポート~まとめ

今回、「ローズヒップティー(ドッグローズ茶)」の口コミリポートさせていただきました。

 

 

 

 

美容効果もありますが、ハーブティーとして飲用するには飲みにくいので工夫が必要ですね。

 

 

 

 

飲みやすく調合された、ローズヒップブレンドティーを飲むのが一番早いですし、効果もありますね。

 

 

 

 

ちなみに、ローズヒップはホルモンバランスを整えることで「生理痛、生理不順、PMS症状」に効果的で、鉄分も豊富に含まれることから生理中の女性に推奨されています。


コメント: 0

同じ関心がある方はこんなページも読んでいます。


「オーガニックハーブティーによる世界をもっと楽しもう!!」