ハーブティーのリラックス効果

ハーブティーとはどんなイメージでしょうか?「おしゃれなイメージ」、「健康的なイメージ」、と思っている方も多いのではないでしょうか?

 

 

 

しかし、ハーブは古くから民間療法、植物療法などのセラピーとして人々に利用され、私たちの健康だけでなく、精神(心)の安定も保つ効果があります。

 

 

 

本来、ハーブの芳香成分には精神を平常に保つ鎮静作用などがあり、リラックス効果があることから、心のセラピーに利用されてきました。

 

 

治療に利用されるハーブティーとは!?

例えば、ラズベリーリーフティーは妊婦(妊娠中)に効果的で「安産のためのハーブ」とも呼ばれ、カモミールティーはリラックス効果が期待できるハーブティーとして非常に人気を集めています。

 

 

 

このようにハーブティーの効能は、現代のように医療が発達する前は、ハーブが薬草(メディカルハーブ)として利用され、治療薬のような役割を果たしてきました。

 

 

 

 

 

やがて、ハーブに含まれる成分の中から有効成分を取り出すことで、薬を作り医療を進展させ、その発展とともにハーブティーに含まれている有効成分を人工的に合成できるようになり、現代にいたるというわけなのです。

ハーブティーと薬のつながり

ハーブティーは体の健康をサポートするだけでなく、心の健康もサポートする鎮静作用(リラックス効果)を与えてくれることが知られており、カモミールティーはヨーロッパでは民間療法としてよく利用されています。

 

 

 

さらに、ハーブには「ビタミン、ミネラル、タンニン、フラボノイド」など、多くの有効成分が含まれ、ハーブティーにすることで、その成分を手軽に摂取できます。

 

 

 

現在、ハーブの成分を抽出したサプリメントや医薬品が販売されますが、やはり人工的な化学物質が配合されているため、100%安全とは言い切れません。

 

 

 

 

 

実際にサプリメントではなく、カモミールティーやラズベリーリーフティーなどのハーブティーでリラックス効果や美容と健康に役立てている女性も多くいます。

ハーブティーのリラックス効果と暮らし

上記で少し解説しましたが、ハーブティーの香りはリラックス効果が期待でき、これは医学的にも証明されています。

 

 

 

中でも「カモミールティー」は有名で、このハーブティーの効能にはリラックス効果が期待でき、カモミールティーを飲むことで、不眠症の解消にも役立っています。

 

 

 

また、カモミールティーやラズベリーリーフティーにはホルモンバランスを整える効果があり、女性や妊婦(妊娠中)の生活をサポートに役立ちます。

 

 

 

このようにハーブティーには人々の生活を快適にする力を秘めており、また科学的にも証明されています。


同じ関心がある方はこんなページも読んでいます。